優先席「譲るべき」3年で17%減少 譲って断られた人は9%増加

ヴァル研究所が「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表。およそ4人に3人が、優先席は「譲るべき」と回答しました。しかしその割合は3年前と比較すると17%減少。一方、譲って断られた経験のある人は9%増加していることもわかりました。

席は譲るべき? 3年前と現在とで変化が

 乗り換え案内の「すぱあと」などを提供するヴァル研究所は2016年11月28日(月)、「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表しました。

 それによると、公共交通機関の優先席では席を譲るべきか、という問いに「はい(譲るべき)」と答えた人は75.9%でした。前回の2013年調査と比べると、「はい(席を譲るべき)」と答えた人は17.1%減少した一方、「どちらともいえない」と答えた人は9.5%増加しています。

「優先席で席を譲るべきか」という問いに、およそ4人に3人が「はい(席を譲るべき)」と回答。男性のほうがその傾向が強かった(画像出典:ヴァル研究所)。

 優先席以外でも席を譲るべきかどうか、という問いに「はい(席を譲るべき)」と答えた人は57.1%です。前回と比較し、この「はい」の割合は19%ほど減少。優先席である、ないにかかわらず、3年前と比べて席を譲る意識が低下していることがわかりました。

この記事の写真一覧

  • 161128_yusenseki_03
  • 161128_yusenseki_02
  • 161128_yusenseki_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 老人たちに「若者は優先席を譲って当然か?」というアンケートも取ってほしい。
    世の中には譲られて当然みたいな態度の爺婆もいる。

  2. そもそも優先席が倍に増えてるが高齢者中心に優先席に座ろうとしない。主張こそしないが自分が見た目より若く思い込み、無理しすぎてる気もします。
    素直な高齢者が著しく減った。

  3. そもそも優先席に座らなければ、そう言うトラブルも起きないのでは?
    私は、現在65歳、ガラガラ以外はどこにでも座らないようにしています。