「秩父夜祭」ユネスコ無形文化遺産に 記念乗車券を3日間限定発売 秩父鉄道

「秩父夜祭」を含む全国33の「山・鉾・屋台行事」が、ユネスコの無形文化遺産に登録決定。これを記念し秩父鉄道では、あす12月2日から3日間限定で記念乗車券を発売します。

12月3日の「秩父夜祭」大祭でも発売

 秩父鉄道は2016年12月1日(木)、「祝 秩父夜祭『ユネスコ無形文化遺産登録』記念乗車券」を12月2日(金)から4日(土)までの3日間限定で発売すると発表しました。

秩父鉄道が発売する「祝 秩父夜祭『ユネスコ無形文化遺産登録』記念乗車券」(画像出典:秩父鉄道)。

「秩父夜祭」は、毎年12月3日の大祭で多数の山車(だし)が秩父の街を曳き回されることで知られる祭りです。文化庁はこの「秩父夜祭」を含む全国33の「山・鉾・屋台行事」について、ユネスコ(国連教育科学文化機関)に無形文化遺産への登録を提案。そして日本時間の12月1日(木)未明、エチオピアで開かれているユネスコの政府間委員会で「山・鉾・屋台行事」が無形文化遺産に登録されることが決定しました。

 これを祝した秩父鉄道の記念乗車券、その概要は次のとおりです。

・発売:熊谷、秩父、御花畑
・発売価格:860円(熊谷~秩父間の乗車券、大人片道1枚)
・有効期間:2016年12月31日(土)まで1回限り
・仕様:カラー硬券乗車券1枚、特製台紙付き

 秩父鉄道では毎年、大祭の12月3日は特別ダイヤで運行しますが、夜間に一部区間でおよそ3時間にわたり運休。その間、御花畑駅南側の踏切では山車を通過させるため、架線(線路の上に張った電線)を一時的に撤去するなどしています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161201_chichibujoshaken_02
  • 161201_chichibujoshaken_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント