ドミノ・ピザ、トナカイ断念 降雪時のデリバリー起用計画を見送り 理由は「制御困難」

ドミノ・ピザ ジャパンは2016年12月1日(木)、かねてより発表していた、降雪時のトナカイによるデリバリー計画を見送ると発表しました。「制御困難」が理由といいます。

犬の鳴き声に反応したり、道路のない場所を進んだり…

 ドミノ・ピザ ジャパン(東京都千代田区)は2016年12月1日(木)、トナカイによるピザデリバリーの計画を見送ると発表しました。トナカイの制御が難しく、「確実性・安全性における当社基準を満たせない」ためといいます。

 またあわせて同社は、Webサービス「GPS DRIVER TRACKER」の表示アイコンをクリスマスまでトナカイ仕様に変更すること、また、デリバリー用バイクをトナカイ仕様にラッピングした「トナ改バイク」を一部店舗に導入することを明らかにしました。

デリバリー用バイクのトナカイ仕様「トナ改」。数量限定、期間限定で2016年12月1日より導入される(写真提供:ドミノ・ピザ ジャパン)。

 ドミノ・ピザ ジャパンの降雪デリバリー対策室によれば、かねてより「ドミノ・ピザ デリバリー総合研究センター」(北海道石狩市)にて飼育員によるトナカイのデリバリートレーニングを実施していたものの、「道路がない場所を進んでしまったり、家の前で止まらずに通過してしまったり」することが発覚。また、トナカイが犬の鳴き声に驚いて急に暴走するなど、アクシデントは枚挙にいとまがなかったといい、「これらのことからお客様や地域の皆様のご迷惑になってしまうため、大変不本意ながらトナカイデリバリーを今冬は見送るという判断に至りました」とのこと。

 ドミノ・ピザ ジャパンは「多くの皆様からご声援をいただいているなかでの苦渋の判断」としつつ、「今後も夢のあるデリバリー手段を追求してまいります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161201_domino_02
  • 161201_domino_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント