3本線が乗り入れる十三駅にホームドア設置へ 阪急初

阪急電鉄が初めて十三駅にホームドアを整備します。設置箇所はカーブしているみっつのホームです。

3ホームに整備

 阪急電鉄は2016年12月1日(木)、ホームからの転落事故対策の一環として、十三(じゅうそう)駅(大阪市淀川区)にホームドアを設置すると発表しました。同社がホームドアを整備するのは初めてです。

十三駅に設置されるホームドアのイメージ(画像出典:阪急電鉄)。

 設置されるホームは6つのうち、カーブしている宝塚本線のふたつと、京都本線・河原町方面の計3ホーム。完成は2019年春ごろまでを予定しています。

 十三駅は平日1日あたりの乗降客数が、阪急電鉄のなかで5番目に多いおよそ7万4600人(2015年平均)。神戸本線、宝塚本線、京都本線の3本線が分岐する駅であり、すべての営業列車が停車します。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161202_hankyujyuso_02
  • 161202_hankyujyuso_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 十三駅は転落意外と少ないよお

  2. 5号線の「京とれいん」発着時、7両編成や10両編成発着時の対応に注目。