乗り換えホームは川の向こう? 土手から土手へ、幅200mの川をまたぐ駅

もともと別々 ホーム延長の末に…

 現在は両線のあいだに連絡通路が設けられていますが、かつては本線の駅と武庫川線の駅はつながっておらず、いったん改札外に出て、鉄道橋脇の人道橋で対岸に渡って乗り換えていました。

Large 161206 mukogawa 03
上が1955年、下が1995年発行の地図。本線ホームが延びて、駅が川をまたぐ形になった(時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕により作成)。

 本線の電車が1両で走っていたころは東岸側に停車していましたが、両数が増えるにつれ川側にホームを延長。1984(昭和59)年、ついに対岸まで通路を渡して武庫川線の駅とつなぎ、尼崎市側の駅が「東口」、西宮市側の駅が「西口」になりました。

 ちなみに、東京の都営地下鉄新宿線・東大島駅も、旧中川の上にあり、東京都江東区と江戸川区にまたがる高架駅。この駅は「ホームに行政区分標がある全国でも珍しい駅」として「関東の駅百選」に選ばれています。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 京急の新馬場も以前目黒川を挟んで北馬場、南馬場と2駅あったのを統合して目黒川を跨ぐように長〜いホームが作られ、その中ほどに4両か6両編成の電車がちょこんと止まるのでギリギリに駅に着いたら電車に間に合わないこともあります。