スズキ「GSX250R」、国内発売日決定 250ccロードスポーツの新型

スズキが250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」を、日本国内にて2017年4月17日より発売。年間2500台の販売を目標にしています。

スズキの250CC新型バイク、国内発売は4月

 スズキが2017年1月11日(水)、同社の250cc新型ロードスポーツバイク「GSX250R」について、同年4月17日(月)より日本国内にて発売することを発表しました。

スズキ「GSX250R」のカラーバリエーションは3種。写真はそのなかのひとつ、青/白「クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」(写真出典:スズキ)。

「GSX250R」は、2016年11月に、イタリアで開催された国際的な二輪車の見本市「EICMA2016」、通称「ミラノショー」にてスズキが発表した、ロードスポーツバイクのグローバルモデル。2016年12月より中国ですでに販売開始しており、2017年4月から日本や欧州をはじめ世界各国へ販売を拡大していく予定です。

 スズキによると、搭載する水冷2気筒4サイクルエンジンは「平成28年国内新排出ガス規制」に対応しつつ、最高出力18kW/8000rpm、最大トルク22Nm/6500rpmという「街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性」になっているそうです。

 またそのデザインコンセプトは、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージした「アーバンアスリート」とのこと。テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合することで、スポーティーなデザインを表現しているそうです、加えて、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しつつ「快適なライディングポジションを実現した」といいます。

 価格は52万7040円(税込)。スズキは「GSX250R」について、年間2500台の国内販売を目標にしています。

【了】

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント