海自の「目」を育む下総航空基地、2017年初訓練飛行 P-3C搭乗員はここから全国へ

海上自衛隊の下総航空基地にて2017年1月6日、新年最初の訓練飛行が行われ、P-3C哨戒機3機が房総沖へと飛び立ちました。海上自衛隊のP-3C搭乗員は全員、ここ下総教育航空群で訓練を受け、全国の各基地へ配属されます。

新年初の訓練飛行は下総教育航空群司令の訓示から

「我が国を取り巻く安全保障環境は、領土や主権、経済権益などをめぐり、純然たる平時でも有事でもない、いわゆる“グレーゾーン”の事態が増加・長期化する傾向にある。また周辺国における軍事力の近代化による強化などにより、安全保障上の課題や不安定要因がより深刻化している。これに加えて、これまで継続してきたソマリア沖アデン湾における海賊対処行動など、海上自衛隊の活動の重要性はますます高まってきている」

 2017年1月6日(金)、海上自衛隊の下総(しもふさ)航空基地において「2017年初訓練飛行」が実施され、下総教育航空群司令、浅岡哲史1等海佐はその冒頭において以上のように訓示しました。

170111 shimofusa 01
下総教育航空群の年初訓練飛行にて。撮影者(関 賢太郎)の搭乗機含む3機のP-3Cによる編隊飛行(2017年1月6日、関 賢太郎撮影)。

「初訓練飛行」とは、365日継続されている任務とは別の、2017年最初の訓練飛行であり、今回は浅岡群司令の訓示に引き続き、下総基地に配備されているP-3C「オライオン」哨戒機のうち3機が、房総半島沖にて編隊飛行を実施しました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント