F1の技術はガラパゴスなのか 市販車へのフィードバック、ホンダとトヨタは?

エイドリアン・ニューウェイ氏が、F1のハイブリッド技術は市販車に生かされないという見解を示しましたが、実際はどうなのでしょうか。また、これまでにフィードバックされた技術はあるのでしょうか。ホンダとトヨタに話を聞きました。

F1のハイブリッドは別物?

 2017年1月1日(日)、イギリスのメディア「Sky Sports」が伝えたところによると、長年F1マシンの開発に携わってきたエイドリアン・ニューウェイ氏はそのインタビューに応じるなかで、「F1のハイブリッド技術が市販車に反映されるというのは、自動車メーカーによるただの宣伝文句だ」という見解を示しました。

 ニューウェイ氏は2017年1月現在、F1に参戦するレッドブル・レーシングチームのテクニカルチーフオフィサーを務めており、特に空力デザインのスペシャリストとして知られています。

 そのニューウェイ氏が、ハイブリッド技術に関してとはいえ、F1から市販車への技術的フィードバックについて否定的な発言をしたことになります。

「市販車への技術的フィードバック」は、自動車やバイクのメーカーがモータースポーツへ携わる理由のひとつとして耳目にふれることが多いものですが、実際のところはどうなのでしょうか。

170121 f1 01
1989年のオーストラリアグランプリを戦うマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナ。カーナンバー「1」は当時、前年チャンピオンの証だった(写真出典:ホンダ)。

 中断をはさみつつも50年以上にわたりF1へ携わってきたホンダは、現在のレギュレーション(ルール)下での参加について「意義がある」といいます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント