臨時列車「越生観梅号」14年ぶり復活 リバイバル塗装編成を使用 東武

東武鉄道が臨時列車「越生観梅号」を2017年3月に運転。2003年以来、14年ぶりの運行といいます。

池袋~越生間を直通運転

 東武鉄道は2017年1月25日(水)、東上本線の池袋駅から越生(おごせ)線の越生駅(埼玉県越生町)に直通する臨時列車「越生観梅号」を、3月5日(日)に運転すると発表しました。

 越生町で開催される「越生梅林梅まつり」にあわせて運転し、越生線沿線の誘客と越生町の活性化などを図るもので、「越生観梅号」の運転は2003(平成15)年以来、14年ぶりといいます。

170126 tobukanbai 01
「越生観梅号」に使用される予定の8000系電車。デビュー時の「ロイヤルベージュ」と「インターナショナルオレンジ」を再現(写真出典:東武鉄道)。

 運転は片道。池袋発9時15分、越生着10時30分です。途中は坂戸駅と越生線内の各駅に停車します。車両は、かつての「ロイヤルベージュ」と「インターナショナルオレンジ」の塗装が再現された8000系電車(81107編成)4両が、ヘッドマーク掲出のうえ使用される予定です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント