昼間はタクシーが割安に 交通不便地域で「住民の足」確保の実証実験

交通が不便な地域で住民の移動手段を確保するため、昼間にタクシーを割安で利用できるようにする実証実験が行われます。

タクシー事業者と自治体が連携

 国土交通省は2017年1月26日(木)、交通が不便な地域などで住民の移動手段を確保するため、閑散時間帯にタクシーを割安で利用できるようにする実証実験を行うと発表しました。

 期間は2月1日(水)から3月31日(金)まで。実施地域は茨城県水戸市の国田地区で、住民2500人あまりが対象です。タクシー事業者と自治体が連携して行います。

水戸市国田地区の位置。たとえば国田市民センターから水戸済生会総合病院にタクシーで行く場合、通常約2500円のところ実証実験では1000円に(画像出典:国土交通省)。

 実証実験では、タクシー2台を国田地区に配置。利用者は、路線バスの運行がない午前10時から16時までの時間帯にタクシーを予約し、利用します。国田地区の住民は、市役所や病院、バスターミナルなど指定された目的地へは、1回につき片道500円または1000円での利用が可能です。

 国土交通省は実証実験でのアンケート調査の結果や運賃収入面の影響、本格導入に向けた課題などを検証し、地域のニーズに合った公共交通機関の導入について検討を行うとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. え? 
    東京100キロ圏域内で交通不便な地域とかあるのか? 何も崖崩れとかで道路が不通になるわけでもあるまいに。