全国2位のうどん県・埼玉で「うどんラリー」 食べてまわって賞品ゲット 西武

西武鉄道が2017年2月と3月に、沿線12のうどん店と「西武沿線うどんラリー2017」を開催。うどんを食べてスタンプを集めると「マイ箸」などがもらえます。

12のうどん店が参加

 西武鉄道は2017年1月25日(水)、沿線のうどん店を巡った人に「マイ箸」などをプレゼントする「西武沿線うどんラリー2017」を開催すると発表しました。

 農林水産省の米麦加工食品生産動態等統計調査によると、2009(平成21)年のうどん生産量は、香川県に次いで埼玉県が2位。西武沿線である東京都多摩地域や埼玉県西部(かつての武蔵国多摩郡、入間郡)に伝わる手打ちうどんは「武蔵野うどん」と呼ばれており、讃岐うどんとともに地域の人々に広く親しまれています。

170127 seibuudon 01
「西武沿線うどんラリー2017」の中吊りポスター(画像出典:西武鉄道)。

 今回の「うどんラリー」は沿線でも人気があり、かつ各うどん店の店主が互いにすすめるうどん店12店が協力。沿線の食文化のPRと地域活性化を目的に実施されます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント