銀座線の01系、3月10日に引退 「くまモン電車」が最後の編成に 東京メトロ

東京メトロ銀座線を走る01系電車が、2017年3月に引退。最終の営業編成は現在、「くまモンラッピング電車」として運行中です。

一部は動態保存や譲渡先で活躍も

 東京メトロは2017年1月27日(金)、銀座線を走る01系電車が3月10日(金)をもって営業運転を終了すると発表しました。

170127 metro01 01
銀座線を走る01系電車。なお写真の編成は最終営業車両とは異なる(写真出典:東京メトロ)。

 01系電車は1983(昭和58)年にデビュー。6両1編成で、計228両38編成が製造されました。2012(平成24)年から新型の1000系電車導入にともない数を減らし、今年3月にすべての編成が引退を迎えます。

 最終の営業車両は1991(平成3)年に製造された「01-130編成」です。この編成は2月24日(金)まで、熊本県の復興を支援する「くまモンラッピング電車」として運行されます。

 なお、中野車両基地(東京都中野区)には「01-101編成」3両が動態保存されており、地下鉄博物館(同・江戸川区)には、01系の運転台カットモデルが設置されています。また、熊本電鉄には「01-136号車」「01-636号車」「01-135号車」「01-635号車」の4両が譲渡され、“第二の人生”を歩んでいます。

 東京メトロは「銀座線01系との思い出と共に残り少ないご乗車を楽しんでいただければ幸いです。皆様のご乗車をお待ちしております」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この列車乗るために5本待った。
    なかもくまもん仕様にしてくれたらもっとよかった。