京急の「ダルマ」が愛のメッセンジャーに 縁結び列車「KEIKYU LOVE TRAIN」登場

京急が今年も、バレンタインデーとホワイトデーの期間を中心に「KEIKYU LOVE TRAIN」キャンペーンを開催。ハート型のつり革をつけた「ダルマ」を運行します。

今年は「ダルマ」がラブトレインに

 京急電鉄が2017年1月30日(月)、「京急から愛を込めて~KEIKYU LOVE TRAINキャンペーン」をスタート。「KEIKYU LOVE TRAIN」の運転を始めました。

今年はリバイバル塗装の800形電車を使用する「KEIKYU LOVE TRAIN」(2017年1月30日、中島洋平撮影)。

 バレンタインデー、ホワイトデーの企画として開催される同キャンペーンは、今年で3回目。一部のつり革がハート型のものに取り替えられた「KEIKYU LOVE TRAIN」が運行されます。今年、その列車に使用されるのは、外見から鉄道ファンたちより「ダルマ」とも呼ばれる800形電車。そのうち、約40年前に登場した当時の塗色を再現している編成です。

「昨年は快特用の車両(2100形)を『KEIKYU LOVE TRAIN』に使いましたが、沿線のより多くの方に“出会いの縁”をつかんでいただきたいと思い、今年は普通列車用として長く親しまれている800形を使用しました」(京急電鉄広報課)

「KEIKYU LOVE TRAIN」は、1両にひとつだけハート型のつり革が取り付けられている(2017年1月30日、中島洋平撮影)。

 6両編成の1両目と6両目の前部には「KEIKYU LOVE TRAIN」のヘッドマーク、側面にはチョコレートのパッケージをイメージしたというハートやリボンなどがあしらわれています。

1 2 3 4

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント