土休日の快速列車、夜間にも 横浜市営地下鉄ブルーライン3月ダイヤ改正

2017年3月に横浜市営地下鉄ブルーラインのダイヤ改正が行われます。土休日は快速列車の運転時間帯が夕方から夜間まで拡大されるほか、始発時間も繰り上がります。

快速の本数はほぼ倍増

 横浜市交通局は2017年1月30日(月)、あざみ野(横浜市青葉区)と湘南台駅(神奈川県藤沢市)を結ぶ市営地下鉄ブルーラインのダイヤ改正を3月4日(土)に実施すると発表しました。

横浜市営地下鉄ブルーラインを走る「3000R形」こと3000形電車の3次車(写真出典:photolibrary)。

 土休日は午前9時30分から16時までである快速運転の時間帯が、新ダイヤでは午前9時30分から20時30分までに拡大されます。本数も、上下各12本から各21本にほぼ倍増し、1時間あたり2本の運転になります。なお、平日の快速運転時間帯は午前10時から16時までで変更されません。

 また、土休日の始発時間も繰り上げられ、平日ダイヤとほぼ同じになります。あざみ野行きは、新羽駅始発が5時29分から5時15分に、戸塚駅始発が5時22分から5時18分に、湘南台駅始発が5時26分から5時20分に。湘南台行きは、あざみ野駅始発が5時22分から5時14分に、新羽駅始発が5時19分から5時14分に変更です。

 平日は夕ラッシュ時間帯にあざみ野行きが1本、湘南台行きが2本増発。また19時から21時台のあざみ野発上永谷行き3本が湘南台行きに延長されます。

 なお詳細なダイヤは、2月中旬に発表されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント