日本唯一の元南海「ズームカー」貸切ツアー開催 元近鉄車両との共演も 大井川鐵道

大井川鐵道が、日本で唯一となった元南海21000系電車「ズームカー」の貸切乗車ツアーを開催。こだわりのヘッドマーク掲出や元近鉄車両との共演などが企画されています。

一畑の「ズームカー」引退で「唯一」に

 大井川鐵道(静岡県島田市)は2017年2月2日(木)、元南海電鉄21000系電車の貸切乗車と撮影会を楽しめるツアーを開催すると発表しました。

 21000系は1958(昭和33)年から製造された車両です。かつて南海電鉄では、大阪市内から高野山方面に至る路線で急行列車などに使用され、「ズームカー」とも呼ばれていました。大井川鐵道には1994(平成6)年と1997(平成9)年に2編成4両が導入され、南海電鉄時代と同じカラーリングで使用中です。なお、同型の車両は島根県の一畑電車でも走っていましたが、2017年1月に営業運転を終了。現役として走っているのは大井川鐵道だけになっています。

新金谷で並ぶ元南海21000系電車の2編成(写真出典:大井川鐵道)。

 21000系貸切乗車ツアーは2月26日(日)に開催。2両編成で新金谷駅(静岡県島田市)を9時50分に出発し、千頭駅(同・川根本町)へ移動します。先頭部には南海時代を髣髴(ほうふつ)とさせる「マル急」ヘッドマークが掲出されます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント