ブルーラインに約10年ぶり新造車両 営業運転デビュー前日に試乗会開催 横浜市交通局

2017年4月9日、横浜市営地下鉄ブルーラインに新造車両の3000形5次車(3000V形)がデビュー。その前日に試乗会が開催されます。

ヘッドライトの形状を一新

 横浜市交通局は2017年1月30日(月)、地下鉄ブルーラインに導入する3000形5次車(3000V形)の試乗会を4月8日(土)に行うと発表しました。

 3000V形電車は、湘南台(神奈川県藤沢市)とあざみ野駅(横浜市青葉区)を結ぶブルーラインへおよそ10年ぶりに導入される新造車両です。車体形状は従来どおりながらヘッドライトの形は一新され、「精悍(せいかん)な顔つきに仕上がりました」(横浜市交通局)といいます。

横浜市営地下鉄ブルーラインに、2017年4月にデビューする3000形5次車のイメージ(画像出典:横浜市交通局)。

 側面はラインカラーのブルーを基調とした帯に加え、ヨットの帆をモチーフにしたグラデーションやカモメを配置。ホームの柵上をヨットが走るイメージとなり、横浜市交通局は「スピード感と横浜らしさのあるデザイン」としています。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント