東名「綾瀬スマートIC」建設で1夜間通行止め 道路橋を撤去

東名高速で、綾瀬スマートIC(仮称)建設にともない2017年3月に1夜間の通行止めが行われます。

既存の「下原橋」を撤去

 NEXCO中日本は2017年2月10日(金)、綾瀬スマートIC(仮称。神奈川県綾瀬市)の建設にともない、東名高速の横浜町田IC~海老名JCT間で、1夜間通行止めを行うと発表しました。

綾瀬スマートIC(仮称)の完成予想図。今回の工事では下原橋(赤丸部分)が撤去される(画像出典:NEXCO中日本)。

 今回このインターを建設するにあたり、東名高速をまたぐ既存の道路橋「下原橋」の撤去が行われます。橋の長さはおよそ33m、重さは360トンです。通行止めは3月11日(土)21時から翌12日(日)朝6時までの9時間にわたり行われます。

 綾瀬スマートICは横浜町田ICと厚木ICのあいだ、綾瀬バス停付近に設置予定。綾瀬市内を南北に走る神奈川県道42号藤沢座間厚木線に接続します。

【了】

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 綾瀬SICを開設するのは良いけど、橋を撤去しなくても良いのでは?
    そうすれば、綾瀬ICだけでなく戸塚や瀬谷に向かう車はこのICで降りると思うから。
    但し、小田急の大和駅~高座渋谷駅は高架した方が良い。
    45号線等にある踏切が渋滞の元凶になっているからだ。

    • おそらく新しい橋を架けるための既設撤去だと思われます

    • 小田急線の高架化の話については、趣旨は理解できるが、東名高速とは全く無関係の内容であり、ここでコメントに出すのはお門違いです。

  2. 綾瀬市もようやく漕ぎ着けることが出来たな。
    関係者の感激極まって咽び泣く姿が目に浮かぶ。悲願だったし。