JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」、「真の姿」披露 「黒のベール」脱ぐ

黒くラッピングされた姿で試運転をしていたJR西日本の豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が、ついに名寝台特急の伝統を受け継いだという“真の姿”を披露しました。なぜこれまで姿を隠していたのでしょうか。

列車「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継ぐ「緑」

 JR西日本が2017年2月23日(木)午前、大阪市淀川区の網干総合車両所宮原支所で、6月17日(土)に運転開始予定の豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」の車両完成記念式典を実施。同列車の“真の姿”を、ついに明らかにしました。

黒いベールを脱ぎ、「瑞風グリーン」の車体を現した「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(2017年2月23日、恵 知仁撮影)。

「瑞風」の車両(87系寝台気動車)自体は2016年に姿を現し、すでに西日本各地を試運転で走っています。しかし黒くラッピングされた状態で、その下にある、かつて日本を代表する列車のひとつだった寝台特急「トワイライトエクスプレス」から受け継いだという「緑色(瑞風グリーン)」は、今日まで文字通り“ベール”に包まれていました。

 大阪~札幌間を結んだ寝台特急「トワイライトエクスプレス」は1989(平成元)年、「ブルートレイン」という言葉が示すように「寝台特急」イコール「青」という印象があるなか、それとは異なる緑色の車体で登場。2015年3月に運行を終えるまでの約26年間で、およそ116万人が乗車しました。

 JR西日本によると「瑞風」の外観は、その「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継ぎつつ、さらに上質さを演出した「瑞風グリーン」に金色のエンブレムとラインを配したといいます。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 鉄橋から落としたり、速度出しすぎで脱線大破させんように。
    後生大事に扱うんだぞ。