軽ワゴンの「フレア」全面改良 デザイン大幅刷新、安全装備も強化 マツダ

マツダが2017年3月2日より、軽ワゴン「フレア」を全面改良し発売します。

新型「フレア」発売

 マツダが2017年3月2日(木)より、軽ワゴン「フレア」を全面改良し発売します。「フレア」としては2代目、前身の「AZ-ワゴン」から数えると6代目になります。

170224 flare 01
「フレア」としては2代目になる(画像:マツダ)。

●マツダ「フレア」のポイント
・新プラットフォーム採用、室内長2450mm。
・マイルドハイブリッド搭載で、2WDモデルはJC08モード走行燃費(国土交通省審査値)33.4km/L、4WDモデルは30.4km/L。モーターの力で10秒間のクリープ走行が可能。
・トランスミッションはCVT(無段変速機)のみ。
・単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで衝突回避をサポートまたは被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト機能」、運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの作動状況を表示する「ヘッドアップディスプレイ」を、マツダの軽自動車として初採用。(いずれもメーカーセットオプション)。
・ラゲッジルームの開口幅と荷室幅を拡大、ベビーカーの立て置きが可能なラゲッジアンダーボックスを全車標準装備。
・濡れたままの傘を収納できるアンブレラホルダーをリアドアトリム両側に全車標準装備。
・新色4色を含む、全12色のボディカラー。
・全車エコカー減税の免税対象。
・グレードは「HYBRID XG」と「HYBRID XS」それぞれに2WDと4WDモデルで全4種。
・価格は117万7200円から147万960円(いずれも税込)。

 マツダは新型「フレア」について、「軽ワゴンならではの広い室内空間、機能性を重視したパッケージング、低燃費を実現したモデルです。今回の全面改良では、幅広いお客様に受け入れられる定番スタイルの『HYBRID XG』と、スポーティさと上質さを備えたスタイリッシュな『HYBRID XS』の2機種を用意し、デザイン性と機能性との両立を目指して大幅刷新しました」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント