朝ラッシュ時に運転区間延長 日光~鬼怒川の直通列車増発も 東武ダイヤ改正

東武鉄道が2017年4月21日に東武スカイツリーライン(伊勢崎線)などでダイヤを改正。特急以外では、平日朝ラッシュ時の運転区間延長や、東武日光~鬼怒川温泉方面の直通列車増発などが予定されています。

最終列車繰り下げも

 東武鉄道は2017年2月28日(火)、平日朝時間帯に東武スカイツリーライン(伊勢崎線)などで運転区間を延長するなどとしたダイヤ改正を、4月21日(金)に行うと発表しました。

 平日、南栗橋7時10分発北千住行きの区間準急が、東急田園都市線・中央林間行きの準急に変更されます。また、東武動物公園始発の上り3本も久喜始発に区間延長されます。

東京メトロ半蔵門線や東急田園都市線への直通運転に対応した東武鉄道の50050型電車(画像:東武鉄道)。

 平日深夜は、最終列車が繰り下がります。中央林間始発、北千住23時35分発急行の行き先を現行の南栗橋から改正後は久喜に変更。これにより久喜行き最終の北千住発車時刻は、現行の23時18分から17分繰り下がります。

 また、南栗橋23時45分発新栃木行きの普通列車を新設。これにより、乗り継いで新栃木まで移動できる最終列車の北千住発車時刻は、現行の22時50分から5分繰り下がり、22時55分発の急行になります。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 平日深夜は、最終列車が繰り下がります。中央林間始発、北千住23時35分発急行の行き先を現行の南栗橋から改正後は久喜まで延長。

    南栗橋の先に久喜はありませんので「延長」
    では無く「変更」が正しいのでは?

    • ご指摘ありがとうございます。
      訂正させていただきました。

  2. 何だか東武はどう言う方針でやっているか分からない。
    日光や鬼怒川温泉に客を呼びたかったら南海のサザンみたいに普通車と特急電車を併結するとかあるだろう。(最も箱根もヤバいけど。)
    その内、半蔵門線電車が久喜発着で日比谷線電車が日光線方面に統一されそう。

    • いや、むしろ「長距離客からは優等列車を口実に取れるものを取ろう」というポリシーを今回のダイヤ改正(改悪?)でハッキリさせたと言える。
      SLはどうやら“餌”としての役割もあるようで、今にして考えれば、我々旅客はまんまと乗せられていたわけだ。

      下今市以北の処置は、新規停車駅案内を見る限りは当然で、浅草方面から直通利用する旅客に対しても浅草~下今市間の特急料金のみしか徴収してはいけないだろう。
      (上りは、下今市からの特急券を持っていれば下今市以北から指定の座席を占有できる、といった制度が必要だろう。)

      快速や区間快速をお払い箱にして取締役陣は乾杯したい気分だろうが、料金増収及びローカル線の赤字補填の足しにできるかどうか。
      東武の“皮算用”が計算通りに行くことを祈りたいが、多分ムリだろう。

  3. 当記事で、
    快速・区間快速全廃と、
    代替の南栗橋以北急行・区間急行の設定をうたわないのは、
    書けない事情があるのでしょうか、、、