三菱自動車、それでも黒字見込みのワケ 凋落は底をついたのか? カギは新車に

ルノー日産の傘下となった三菱自動車ですが、2016年度は通期営業黒字を達成する見込みです。なぜそのようなことが可能なのでしょうか。

三菱自動車、2016年度は黒字達成か

 2016年4月の、三菱自動車による衝撃の「燃費データ不正」発覚から、もう少しで1年が過ぎようとしています。

 発覚から半年後の10月、三菱自動車はルノー日産アライアンスの一員になりました。とはいえ、日本での三菱自動車の信用は、まだまだ回復したとは言えないでしょう。2016年の国内新車販売は、前年比で15%から16%のマイナスとなりそうです。

 ところが経営状況は最悪を脱したようで、2017年1月31日に三菱自動車は2016年度通期業績の上方修正を発表しています。なんだかんだと、2016年度は通期営業黒字を達成することができるというのです。

「第87回ジュネーブ国際モーターショー」にて初披露の、新型SUV「エクリプス クロス」(画像:三菱自動車)

 独立独歩の会社から、ルノー日産アライアンスの傘下になるほどの衝撃の事件を引き起こしながらも、ビジネス面では、意外と軽傷で済んだといえるでしょう。それもそのはずで、三菱自動車にとっての日本市場は、もともとビジネス的にそれほどのボリュームはないのです。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 燃費を話題にもしない北米・中国マーケットで好評だということか。
    今後はフルサイズSUVに経営を集中しそうだ。軽ユーザーからの信用を回復させる道筋は見えてこない。

  2. 実際、部品供給量は、今年に入って倍増してますからね。

  3. おっと、「底をついた」は意味が違いますよ
    「底をついた」は、在庫が無くなる・尽きる、という意味です
    この場合は「凋落に歯止めがかかる」もしくは「業績が底を打つ」でしょうね