新幹線のようなレンタカー、東日本の各地に登場 4月26日まで利用料を割引

JR東日本の各新幹線車両をイメージしたレンタカーが、東日本の各地で走り出します。

5か所の営業所に1台ずつ

 ジェイアール東日本レンタリースとJR東日本は2017年3月8日(水)、新幹線の車両をイメージしたラッピングレンタカーを、東日本各地の営業所に配備すると発表しました。

 2017年は、3月22日に秋田新幹線が開業20周年、6月23日に東北新幹線(大宮~盛岡)が35周年、7月1日に山形新幹線(福島~山形)が25周年、10月1日に北陸新幹線(高崎~長野)が20周年、11月15日に上越新幹線(大宮~新潟)が35周年、12月1日に東北新幹線(盛岡~八戸)が15周年をそれぞれ迎えます。ラッピングレンタカーは、これにあわせて企画されたものです。

170308 jrerentacar 01 1
新幹線ラッピングレンタカーのイメージ(画像:ジェイアール東日本レンタリース)。

 車両の種類や営業所は次のとおり。

・E5系はやぶさラッピングカー:盛岡営業所
・E6系こまちラッピングカー:秋田営業所
・E3系つばさラッピングカー:山形営業所
・E4系ときラッピングカー:新潟営業所
・E7系あさまラッピングカー:長野営業所

 ラッピングレンタカーは各1台で、運用開始日は3月15日(水)。利用料金は、4月26日(水)出発分まではキャンペーン価格が適用され、たとえば12時間利用の場合、3500円になります。なお、取り扱いは禁煙車のみで、乗り捨て利用は不可です。ラッピングレンタカーの利用者(計800人)には、店頭でオリジナルクリアファイルがプレゼントされます。

 予約受付は3月13日(月)午前10時から、ジェイアール東日本レンタリースのウェブサイトで始まる予定です。2社は「カッコいい新幹線ラッピングカーに乗って、駅から先のドライブもお楽しみください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント