500系車内初公開に元祖「ドリーム号」展示、硬券配布も 京都鉄博開館1周年

京都鉄道博物館が2017年4月29日に開館1周年を迎えます。これを記念し、500系新幹線の車内や第2検修庫の一般初公開、元祖「ドリーム号」の展示などが行われる予定です。

4月29日に開館1周年

 京都鉄道博物館(京都市下京区)は2017年3月8日(水)、今年の4月29日(土・祝)に開館1周年を迎えることを記念し、各種イベントを3月18日(土)から5月14日(日)までの期間に開催すると発表しました。

「グランドオープン1周年記念セレモニー」は4月29日(土・祝)、「SLスチーム号」前で開催。「SLスチーム号」1周年ロゴヘッドマークの除幕などが行われます。

左上から、一般初公開される500系新幹線の車内と第2検修庫、特別展示される国鉄ハイウェイバス1号車のイメージ(画像:JR西日本)。

 メインイベントとしては、本館1階に展示されている500系新幹線の車内が一般初公開されます。実施日は3月18日(土)~4月9日(日)、15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、29日(土・祝)、30日(日)です。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント