バス停がイチゴやメロン? 長崎の道路がファンタジーすぎるワケ 「つぶつぶ」も再現

巨大なフルーツが次々に現れるファンタジックな道路が、長崎県にあります。実は、それらはバス停です。いったいなぜ、そんなバス停が設けられたのでしょうか。

道路脇にメロン、スイカ、イチゴ、ミカン、トマト

 長崎県に、巨大なイチゴやメロンが次々に登場する道路があります。

待合所がイチゴとメロンの平原バス停(2014年11月、恵 知仁撮影)。

 これら巨大フルーツ(※野菜に分類されるものもありますが、ここでは便宜上、「フルーツ」とします)の正体は、バス停の待合所。道路に突如、巨大なフルーツが登場する光景はいい意味で違和感たっぷりです。場所は長崎県諫早市、JR長崎本線の小長井を中心とした小長井地区です。諫早市生活安全交通課に、誕生の背景を聞きました。

――なぜ巨大フルーツの待合所を設けたのでしょうか。

 1990(平成2)年に長崎県で開催された「長崎博」に際し、佐賀県に接している旧・小長井町が長崎県の玄関口となることから、訪れる人を迎えるために設けたものです。

――何かモチーフがあるのでしょうか。

『シンデレラ』に出てくる「カボチャの馬車」がアイデアの元になっているようです。メロン、スイカ、イチゴ、ミカン、トマトの5種類がありますが、これらは小長井で採れるものです。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント