横浜市道の岸谷生麦線、3月16日開通 首都高横浜北線や国道1号などと接続

国道1号と産業道路を結ぶ横浜市道が、首都高横浜北線開通より一足早く、2017年3月16日から通れるようになります。

首都高横浜北線開通の2日前から通行可

 横浜市道の岸谷生麦線が2017年3月16日(木)午後(15~17時予定)に開通します。

岸谷生麦線と岸谷生麦出入口、生麦JCTの詳細図(画像:横浜市道路局)。

 この道路は首都高K7横浜北線の岸谷生麦出入口と、国道1号および神奈川県道6号東京大師横浜線(産業道路)をつなぐ、延長約1230m、2車線(片側1車線)の道路です。横浜北線とともに京急電鉄やJRの線路を高架でまたぎ、国道1号と国道15号を結ぶ道路網を形成します。

 横浜北線は、岸谷生麦線開通2日後の3月18日(土)16時に開通する予定です。岸谷生麦出入口は、国道1号から生麦JCT(K1横羽線とK5大黒線方面)への出入口と、産業道路からK7横浜北線・横浜港北JCT方面への出入口に分かれています。

岸谷生麦線は岸谷生麦出入口の、長島大竹線は新横浜出入口のアクセス道路としてそれぞれ機能する(画像:横浜市道路局)。

 なお、岸谷生麦線が開通する3月16日(木)には、横浜北線の新横浜出入口と市道の宮内新横浜線を結ぶ長島大竹線も開通する予定です。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. フルICになるのはありがたいが早く、横浜青葉ICまで接続しないとこの高速の意味をなさない。
    瀬田〜玉川ICは渋滞ひどいし、中央環状線(東京)も然り。