JR四国と台鉄が車両デザインを交換 友好鉄道協定締結1周年を記念

友好鉄道協定締結1周年を記念し、JR四国と台湾鉄路管理局が車両デザインを交換します。

四国と台湾でスタンプラリー企画も

 JR四国は2017年3月15日(水)、台湾鉄路管理局(台鉄)との友好鉄道協定締結1周年を記念し、8000系電車と台鉄EMU800型電車のデザインを交換して運行すると発表しました。

 JR四国では、3月30日(木)から2018年2月28日(水)まで、予讃線を走る特急形8000系3両を台鉄EMU800型のデザインにラッピング。今年の10月13日(金)までは、基本的に特急「いしづち」(高松~松山)の3、4、15、16、27、28号として運行します。

170316 jrstaitetsu 01
左がJR四国8000系デザインの台鉄EMU800型電車。右が台鉄EMU800型デザインのJR四国8000系電車(画像:JR四国)。

 台鉄では、愛媛県西条市で開催される「日台鉄道観光フォーラム」にあわせ、6月2日(金)から2018年6月30日(土)まで、EMU800型8両をJR四国8000系のデザインにラッピング。通勤、通学用車両として、台北駅、松山駅などの都市間で運行します。

 3月30日(木)からは、四国と台湾の相互交流促進を目的としたスタンプラリーも実施。JR四国と台鉄が、それぞれの10駅にスタンプを設置し、四国の人は台鉄駅のスタンプを、台湾の人はJR四国駅のスタンプを集めます。5駅分を集めると「特製えんぴつ」が、10駅分を集めると「特製マグカップ」が進呈されます。期間は10月13日(金)までですが、記念品がなくなりしだい終了です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント