新名神の城陽~八幡京田辺間、4月30日開通 京奈和道、第二京阪道路と接続

新名神高速の城陽JCT/IC~八幡京田辺JCT/IC間が、2017年4月30日に開通します。

普通車は270円

 NEXCO西日本は2017年3月17日(金)、新名神高速の城陽JCT/IC~八幡京田辺JCT/IC間3.5kmが、4月30日(日)15時に開通すると発表しました。

 新名神高速は、名古屋市を起点として、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫の各府県を結び、神戸市に至る延長およそ174kmの高速道路です。現在は四日市JCT~新四日市JCT間と、亀山JCT~草津JCT間(連絡路含む)の2区間が開通しています。

170317 shinmeishin 01
2017年4月30日に新名神高速の城陽JCT/IC~八幡京田辺JCT/IC間3.5kmが開通する(画像:NEXCO西日本)。

 今回の城陽JCT/IC~八幡京田辺JCT/IC間が開通すると、京奈和道と第二京阪道路が新名神高速を介して結ばれます。これにより、たとえば京都市~関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)間の所要時間短縮などが見込まれます。

 城陽JCT/IC~八幡京田辺JCT/ICの通行料金(通常料金)は、軽自動車等が250円、普通車が270円、中型車が300円、大型車が350円、特大車が470円です。

 なお、建設中の新四日市JCT~亀山西JCT間は2018年度に、大津JCT~城陽JCT/IC間と八幡京田辺JCT/IC~高槻第一JCT間は2023年度に、高槻第一JCT~川西IC間と高槻連絡路は2018年度(NEXCO西日本の努力目標は2017年秋ごろ)に、川西IC~神戸JCT間は2018年度(NEXCO西日本の努力目標は2017年度末)に、それぞれ開通する予定です(建設中区間のIC、JCT名は仮称)。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これで名阪国道を介さずに奈良駅に行くことが出来る。
    料金面では名阪国道を使う人はいるだろうが、安全面では新名神経由が増えるから、分散するし名阪国道の改良が出来るかもしれない。