温泉マークは選択制に 「駐車場」「乗り継ぎ」などの案内用図記号は変更へ

案内用図記号の変更案が決定。5つがISOのものに変わりますが、温泉マークは現行JISとISOの選択制に決まりました。

東京五輪に向け図記号を議論

 経済産業省は2017年3月22日(水)、東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人観光客にもわかりやすい案内用図記号(ピクトグラム)を検討する委員会を開催し、6つの図記号と「ヘルプマーク」について、最終案を決定しました。

 案内用図記号は言葉によらない、目で見るだけで案内を可能とするもので、駅、空港などの交通機関や公共施設などで広く使われています。

170323 mark 01
変更が決まった案内用図記号。ただし「温泉」は現行JISとISOの選択制。「ヘルプマーク」は新たに追加(画像:経済産業省)。

 今回の検討に際しては、日本の国内規格(JIS)と国際規格(ISO)の図記号でどちらがわかりやすいか、日本人と外国人それぞれ約1000人を対象にアンケート調査などを実施。そして警察庁や文部科学省、国土交通省、観光や交通、障害者関連団体などで構成するJIS改正原案作成委員会で審議し、さらにパブリックコメント(意見公募)の結果を踏まえて最終案を取りまとめたといいます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント