「大開口ホーム柵」南海難波駅に試験設置へ

南海電鉄が、通常タイプより開口部が広い「大開口ホーム柵」を難波駅に試験設置します。

ドア部分が二重引き戸構造

 南海電鉄は2017年3月30日(木)、難波駅(大阪市中央区)の1番線に「大開口ホーム柵」を試験設置すると発表しました。

170330 nankainambadoor 01
「大開口ホーム柵」の設置イメージ(画像:南海電鉄)。

 このホームドアは横開きタイプのドア部分を二重引き戸構造とし、開口幅を通常より広くしたタイプです。戸袋部分の高さは約1.4m。高野線の列車が発着する1番線ホームに、2両分の長さで設置されます。

 2017年度に設計、2018年度に製作、設置の予定。試験により実用上の課題が検証され、今後の整備に反映される見込みです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント