中央道の岡谷JCT~伊北IC間で、47日間対面通行 トンネル、橋を修繕

中央道・岡谷JCT~伊北IC間の一部が、5月末から47日間にわたり対面通行に。

天竜川橋はコンクリート床版を更新

 NEXCO中日本八王子支社は2017年4月10日(月)、中央道の岡谷JCT~伊北IC間の修繕工事にともない、47日間にわたり、昼夜連続の対面通行規制を行うと発表しました。

 期間は5月29日(月)午前6時から7月14日(金)24時までです。土日も規制が行われます。

辰野トンネルと天竜川橋の工事により、対面通行規制が行われる(画像:NEXCO中日本)。

 工事箇所は、下り線の辰野トンネル(延長220.0m、長野県辰野町)と上り線の天竜川橋(延長100.3m、同)です。どちらも1981(昭和56)年3月の開通から36年が経過しています。

 下り線の辰野トンネルでは、老朽化した覆工コンクリートの補強として、炭素繊維シート(または剥落防止シート)の貼り付け工事などが実施されます。上り線の天竜川橋では、路面を支える老朽化したコンクリート床版を新しいものに交換する工事が行われます。

上り線の天竜川橋ではコンクリート床版の更新工事を実施。画像はそのイメージ(画像:NEXCO中日本)。

 これにより、工事箇所2か所とその前後区間を閉鎖。上下各1車線とされ、一部区間は対面通行が実施される予定です。

 NEXCO中日本は「工事期間中は、中央道は渋滞が予想されます。時間に余裕をもってお出掛けください」としています。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント