ベンツの連節バス、関西空港に導入 長さ18m、輸送力は従来車両の倍に

関西空港の第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶ路線に連節バスが導入されます。

第1・第2ターミナル間を往復

 関西エアポートと南海バスは2017年4月13日(木)、車体ふたつをつなげた連節バスを、関西空港の第2旅客ターミナル線に導入すると発表しました。

170413 kaukunankaibus 01
関西空港の第2旅客ターミナル線に導入される連節バスのイメージ(画像:南海バス)。

 エアロプラザ(第1ターミナル)と第2ターミナルを結ぶ同路線は、2社によると現在、1日あたり平均1万人以上が利用しています。連節バスは、従来の標準ノンステップバスの倍近い100人程度が乗車できることから、導入後は車内の混雑緩和などが期待できるといいます。連節バスの運行開始は4月28日(金)の予定です。

 車両はメルセデス・ベンツ製の新型で、全長18.12m、全幅2.55m、全高3.10m。日本の排出ガス規制最新基準と同等の、ヨーロッパ排出ガス規制「EURO6」をクリアする環境性能を備えています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント