「日本三大車窓」JR姨捨駅の記念入場券、台紙リニューアル 「四季島」デビューにあわせ

「日本三大車窓」のひとつに数えられるJR篠ノ井線・姨捨駅の、記念入場券の台紙がリニューアルされます。

現行デザインは4月30日まで

 JR東日本長野支社は2017年4月14日(金)、豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行開始にあわせ、姨捨駅(長野県千曲市)の記念入場券の台紙をリニューアルすると発表しました。

 篠ノ井線の姨捨駅は、そこから善光寺平(長野盆地)や棚田を一望できることから、「日本三大車窓」のひとつに数えられています。この景色を楽しめるよう、5月に運行を開始する「四季島」が停車。駅には、夜景ラウンジ「更級の月」も新設されました。

170414 jreodasute 01
姨捨駅のホームとそこからの善光寺平の夜景。駅名標は線路のスイッチバック構造を反映し「Z」形にされている(2016年12月、恵 知仁撮影)。

 記念入場券の台紙は5月1日(月)にリニューアル。中面は夜景や「四季島」、観光列車「リゾートビューふるさと」など、ウラ面は棚田の四季が紹介されています。

 入場券本体は硬券(硬い厚紙)、価格は140円です。午前9時から15時までの時間に、駅で販売されます。発売期間は11月23日(木・祝)までです。

 なお、現行デザインの台紙が付いた記念入場券は、4月30日(日)に販売を終了します。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント