つり革と思ったら「握力グリップ」… 「健康電車」嵐電で24日から運行

京都市右京区と京福電気鉄道が、2017年4月24日から嵐電で「健康電車」を運行します。

腹筋力もアップ?

 京都市右京区と京福電気鉄道が、2017年4月24日(月)から嵐電(嵐山本線、北野線)で「健康電車」を運行します。

170417 randenkenko 01
つり革の代わりにぶら下がっている「握力グリップ」(画像:右京区)。

 車内に設置された健康グッズを体験するなどして、区民に健康づくりの意識を向上してもらうことが目的。2002号車の1両を対象に、外観は専用のラッピングが施され、車内では座席の端計4所に、腹筋に負荷をかけられる「腹筋力アップいす」が設置されます。

 つり革はそのうちの10か所が、握ることで握力が鍛えられる「握力グリップ」に。中づりなどは健康づくりの啓発や健康長寿の取り組みに関するポスターが掲出されます。

「健康電車」の運行は、9月30日(土)までの予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 大変面白くて,健康になると思います 。東京の都電!大阪の阪堺電車! 全国の市電に あったらいいと思います。!少しは赤字を解消すると思います。! 全国の 市電 頑張ってください。