2階建て「Max」、仙台発で運転 東北新幹線開業35周年で団体用特別列車

2017年6月24日、団体専用列車「東北新幹線開業35周年記念号」が仙台~上野間で運転されます。車両は2階建てE4系「Max」の予定です。

6月24日に仙台発、上野行きで運転

 JR東日本仙台支社とびゅうトラベルサービス東北支店は2017年4月20日(木)、東北新幹線開業35周年の特別列車を組み込んだ行商品を発売すると発表しました。

 東北新幹線の大宮~盛岡間は、今年の6月23日(金)に開業35周年を迎えます。これにあわせ、2階建てのE4系新幹線「Max」を使用した団体専用列車「東北新幹線開業35周年記念号」が、6月24日(土)に運転される予定です。

 E4系は現在、上越新幹線で使用されていますが、2社によると、東北新幹線で運転されるのは、2012年9月28日の定期運行終了以来といいます。

「東北新幹線開業35周年記念号」に使用されるE4系「Max」のイメージ(画像:JR東日本)。

「東北新幹線開業35周年記念号」は仙台9時34分発、上野11時46分着の片道運転。途中、白石蔵王、福島、郡山、新白河、大宮に停車します。乗車特典として「記念乗車証明書」と、東北新幹線などの歴史がわかる『History book』が、小学生以上の利用者全員に進呈されます。

 商品は旅行会社10社を通じての販売です。「みどりの窓口」などでの座席の一般発売はありません。「びゅうトラベルサービス」からは東京での日帰りフリープラン(仙台発着、大人1万5000円)のほか、鉄道博物館や東京スカイツリー、東京ドームシティなどそれぞれの観光と組み合わせたプランが複数用意されます。発売は4月25日(火)午前11時です。

 2社は「ぜひ、この機会に魅力あふれる新幹線の旅をお楽しみください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ピンク帯のE4系が東北新幹線に入るのは初めてかな?

  2. 東海道・山陽新幹線は「ビジネス新幹線」でJR東日本管内の各新幹線は「観光新幹線」の感が強い。帰省ラッシュ時を除く平日と土休日の指定席券の販売状況が真逆と言ってもいい程に大差がある位だし。