足湯新幹線、初の東京駅乗り入れ 山形新幹線開業25周年で団体用特別列車

2017年7月1日、団体専用列車「山形新幹線開業25周年記念号」が新庄~東京間で運転されます。車両はE3系700番台「とれいゆ」の予定です。

「とれいゆつばさ」7月1日に東京行きで運転

 JR東日本仙台支社とびゅうトラベルサービス東北支店は2017年4月20日(木)、山形新幹線開業25周年の特別列車を組み込んだ行商品を発売すると発表しました。

 山形新幹線の福島~山形間は、今年の7月1日(土)に開業25周年を迎えます。これにあわせ、E3系700番台「とれいゆ」を使用した団体専用列車「山形新幹線開業25周年記念号」が、同日に運転される予定です。

「山形新幹線開業25周年記念号」に使用される「とれいゆ」のイメージ(画像:photolibrary)。

「山形新幹線開業25周年記念号」は新庄6時45分発、山形8時27分発、東京11時36分着の片道運転。途中このほか、大石田、村山、さくらんぼ東根、天童、かみのやま温泉、赤湯、高畠、米沢、福島、大宮、上野に停車します。乗車特典として「記念乗車証明書」と、山形新幹線などの歴史がわかる『History book』が、小学生以上の利用者全員に進呈されます。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント