陸羽東線の鳴子温泉~中山平温泉間で減速運転 鳴子峡の新緑を堪能 JR東日本

陸羽東線の鳴子温泉~中山平温泉間で、鳴子峡の新緑を楽しめるよう一部列車が減速運転を行います。

臨時含め上下8本が減速運転

 JR東日本仙台支社は2017年4月21日(金)、陸羽東線の鳴子温泉~中山平温泉間で、車窓の新緑を楽しめるよう一部列車で速度を下げて運転すると発表しました。

 期間は4月28日(金)から5月7日(日)まで。鳴子峡の渓谷美を満喫できるよう、鳴子温泉駅(宮城県大崎市)から中山平温泉駅(同)までのうち、61mの区間において、上下8本の普通、快速列車が減速運転を行います。

170425 jrenaruko 01
鳴子峡を行く陸羽東線の列車のイメージ(画像:JR東日本仙台支社)。

 下り(新庄方面)は鳴子温泉発10時06分から15時00分までの4本、上り(小牛田方面)は中山平温泉発10時56分から15時52分までの4本です(いずれも臨時快速「リゾートみのり」を含む)。

 なお、列車が遅れているときは通常の速度で運転される場合があります。また、臨時快速「リゾートみのり」(仙台~小牛田~新庄)は今回だけでなく、通年にわたりこの区間で減速運転を行っています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント