初、名物、トレインビュー 名古屋駅「JRゲートタワー」レストラン街、そのポイントとは?

名古屋駅直結のビルに、日本最大級というレストランフロアが誕生。トレインビュー席、“名古屋めし”のほか、「名古屋駅」という場所を考慮した店舗が取りそろえられました。

「タワーズ」とあわせて日本最大級のレストランフロア

 名古屋に新たなトレインビュースポットが登場しました。2017年4月に開業した、同駅直結のJRゲートタワー12階と13階にある「ゲートタワープラザ レストラン街」です。

眼下に新幹線貨物列車などが見える「スパゲティハウス チャオ」の名古屋JRゲートタワー店(2017年4月、恵 知仁撮影)。

 そのうちのひとつ、12階にある「スパゲティハウス チャオ」では、“名古屋めし”のひとつ「あんかけスパゲティ」を味わいながら、東海道新幹線をはじめ在来線特急、貨物など、眼下に名古屋駅とそこを行き交う列車を眺めることができます。

「スパゲティハウス チャオ」名古屋JRゲートタワー店。
「スパゲティハウス チャオ」のあんかけスパゲティ(ミラカン)。
直下で進むリニア中央新幹線名古屋駅の工事も見える。

 この「ゲートタワープラザ レストラン街」には37店舗が出店しており、“名古屋めし”も楽しめますが、うち33店舗が東海地方初出店、もしくは新業態。「名古屋駅」は地域の外から文化などが入ってくる場所であること、近隣オフィスワーカーの需要、名古屋来訪者の需要、周辺レストラン街とのバランスなどを考え、店舗を誘致したそうです。

東京以外に初出店した「ピッツェリア トラットリア ナプレ」のピッツァ。
「ピッツェリア トラットリア ナプレ」の店内。
「ピッツェリア トラットリア ナプレ」の石窯。

 また「ゲートタワープラザ レストラン街」と、つながっているJRセントラルタワーズの「タワーズプラザ レストラン街」をあわせると、合計の店舗数は76になり、直結レストランフロアとしては日本最大級とのこと。このたびオープンした「ゲートタワー」にはオフィスワーカーが気軽に行きやすい店舗も充実させ、「タワーズ」とあわせて、個々の店はとがっていても、オールターゲット、オールシチュエーションに対応できるようにしたといいます。

 なお席数は「タワーズ」が約3000、「ゲートタワー」が約2400です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 最大級とは言えど客単価高い店ばかり。魅力無い街とレッテル貼られてしまった以上、あからさまに国内他地域より外国人観光客狙いな気もする。

    • どこが客単価高い店ばかりやねん。
      行ってもみないくせに、適当な感想述べるな。