マツダ3代目「RX-7」 広島の「いちがい」が育んだアウトサイダー(写真27枚)

1991年に発売された3代目「RX-7」は、「FD」という呼び方でも広く知られるマツダのスポーツカーです。エンジンはもちろん、ロータリー。まちがいなく、唯一無二に数えられる1台でしょう。

マツダの魂、ここにあり

 マツダ「RX-7」の歴史は、1978(昭和53)年の初代SA型に始まります。1985(昭和60)年に第2世代のFC型にフルモデルチェンジし、1991(平成3)年に最後のFD型「RX-7」にバトンタッチされます。

マツダ3代目「RX-7」(画像:マツダ)。

 最初は「サバンナ」のペットネームが使われていましたが、第3世代のFD型から当時の販売チャンネル名にちなんだ「アンフィニ RX-7」の名称が使われます。ただし、販売チャンネルの廃止から1997(平成9)年より「マツダ RX-7」となり、2002(平成14)年まで生産が続きました。

「RX-7」は、マツダが世界に誇るロータリー・エンジンを搭載したスポーツカーです。ロータリー・エンジンをしっかりと量産車で利用したのは世界で唯一、マツダだけ。その開発は困難を極めましたが、広島弁でいう「いちがい(頑固一徹)」の鉄の心でやりとげたという歴史があります。そんなマツダ・スピリッツが最も濃厚に表れたクルマが「RX-7」といえるでしょう。

この記事の画像をもっと見る(27枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 単純にロータリーする電動モーターに移行するとか。
    電力を、バッテリーからとるか水素ガスからとるかガソリンで発電するか。

  2. 同出力のレシプロに比べ機関重量は軽いので大型SUVに搭載して車両全体の重量を抑えるという使い方はできるだろうが、するとRX7的な軽量高機動なスポーツカーではなくなるので駄目だろうな。