新型「BMW 4」シリーズ発表 「M3」「M4」は「コンペティション」も追加(画像120枚)

2017年5月9日、BMWが新型の「4」シリーズと「M3」「M4」を発表。同日から販売も開始しました。

「クーペ」「カブリオレ」「グラン クーペ」の3タイプ

 BMWは2017年5月9日(火)、新型の「4」シリーズと「M3」「M4」を発表。同日から販売も開始しました。

 新型「4」シリーズは、2ドアの「クーペ」(税抜573万円~)と、それをベースにしたオープン・モデルである「カブリオレ」(929万円~)、そして4ドアとハッチ・ゲートを採用した「グラン クーペ」(580万円~)の3タイプを用意。これら新型の「4」シリーズは「スポーティでエレガントな傑出した美しさと圧倒的なダイナミズムを発揮するプレミアム・モデル」といいます。

新型「BMW 4」シリーズ(画像:BMW)。

●新型「BMW 4」シリーズの特徴
・BMWツインパワー・ターボ・エンジンの採用に加え、高効率8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション、無駄な燃料消費を抑制するエンジン・オート・スタート/ストップ機能、燃費の良い走りをサポートするECO PROモードなどを採用。
・新デザインの丸目4灯LEDヘッドライトや、LEDテールライトを標準装備。
・マルチ・ディスプレイ・メーター・パネルやTVチューナー、205W/9スピーカーのHiFiスピーカー・システムを採用。
・任意の速度をベースに、前方の車両との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御を行う「ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)」(ストップ&ゴー機能付)などの運転支援システムを採用。
・BMW 420i クーペ、グランクーペ搭載エンジン:最高出力135kW[184ps]/5000rpm、最大トルク270Nm[27.5kgm]/1350~4600rpmを発生する、2リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。燃料消費率(JC08モード)は16.0km/L。
・BMW 430i クーペ、グランクーペ搭載エンジン:最高出力185kW[252ps]/5200rpm、最大トルク350Nm[35.7kgm]/1450~4800rpmを発生する、2リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。燃料消費率(JC08モード)は15.4km/L。
・BMW 440i クーペ、カブリオレ、グランクーペ搭載エンジン:最高出力240kW[326ps]/5500rpm、最大トルク450Nm[45.9kgm]/1380~5200rpmを発生する、3リッター直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。燃料消費率(JC08モード)は13.5km/L。

この記事の画像をもっと見る(120枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント