京成上野駅、リニューアルに着手 上野公園モチーフに駅空間をデザイン

京成電鉄のターミナル、京成上野駅がリニューアル工事に着手。コンセプトは上野公園をモチーフにした「緑や文化との融合」といいます。

幅広改札機を増設、改札外に観光案内所を設置

 京成電鉄は2017年5月9日(火)、京成上野駅(東京都台東区)をリニューアルすると発表しました。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて利用者の増加が見込まれることから、駅機能を充実させてサービスの向上を図るといいます。

 リニューアルコンセプトのひとつ目は「『緑や文化との融合』をテーマとした魅力ある駅空間の創造」。隣接する上野公園の木々や文化施設の石造りのイメージを取り入れ、「上野の杜(もり)」を感じさせる駅空間とされます。

170510 keiseiueno 01
京成上野駅改札口のリニューアルイメージ(画像:京成電鉄)。

 ふたつ目は「日本の玄関口・都心側ターミナル駅としての駅機能の充実」。ウォークインタイプのカウンターを新設したり、スーツケースを持っていても通りやすい幅広自動改札機を増設したり、改札外コンコースに観光案内所を設けたりといったサービス面での強化が図られます。

 また、あわせて改札外店舗区画や改札内トイレのリニューアル、多機能トイレ、おむつ替えスペースの整備なども計画されています。工事は2019年3月までの予定です。

 京成上野駅は京成電鉄を代表するターミナルで、特急「スカイライナー」も発着。1日あたり平均4万6432人(2016年度)が利用しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170510 keiseiueno 02
  • Thumbnail 170510 keiseiueno 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ついにあの80年前後なテイストともお別れか。
    子供の頃は恐かったが、いまとなっては名残惜しい。

    スタイリッシュなAEの発着駅に相応しい駅に生まれ変わりますように。

  2. 最も今や北の玄関口は上野駅ではなく日暮里駅に変わりつつあるからな。
    上野東京ライン(正式名称は『品川東京ライン』)開業で上野駅の利用者が減少し代わりに赤羽、浦和、大宮、日暮里、品川、川崎、東京駅が増えたからアクティーやラビット、アーバンが統合された快速なら新橋や上野は通過になり、川崎〜大宮駅の所要時間が短縮する。
    京成も上野より日暮里利用が便利な状況だから余計に。