外観おそろい「瑞風バス」完成 豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」と接続

豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の旅先で、駅から観光地へのアクセスなどを担う専用バス「瑞風バス」が完成しました。

停車観光地のアクセス担う

 JR西日本中国JRバスは2017年5月11日(木)、豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の乗客専用バス「瑞風バス」が完成したと発表しました。

「瑞風」の先で観光をする際などに使用。38席を備えた新造車両で、デザインは「瑞風」を手掛けた浦 一也さんが監修しています。

「瑞風バス」の外観(画像:JR西日本)。

 車体は列車と同じ深緑色の「瑞風グリーン」で、エンブレムも同じ仕様のものを採用。内装も列車と同じデザインのカーペットが使われ、シートも緑色にされています。

「瑞風バス」は、「瑞風」にあわせ、旅程の1日目から最終日まで列車と並走します。営業デビューは列車「瑞風」の運行開始と同じ6月17日(土)、場所は城崎温泉(兵庫県豊岡市)の予定です。

【了】

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. トイレ付きの高速路線仕様車を充てたようだ。

    TWILIGHT EXPRESS 瑞風のフィーダーバスならパウダー室付(広電の松江便で採用されているような車両)とか3列シートの車両でも良かったんじゃないか?
    中国JRバスなら、相応しい車両がある。
    「PREMIUM24」だ。定員が24人になってしまうが、2+1配置のゆったりとした座席だし、パウダー室もついている。
    列車の方がそもそも定員を大幅に抑えているわけだから、バスの方も同じ考え方で構わないんじゃないか。

  2. 瑞風が禁煙でないから、このバスも同じか?

    大金払って、タバコの煙害を受けるなんて、絶対に乗らない

    猿真似列車に愛煙家猿専用ぼったくり寝台特急????