日台のSL列車が「姉妹協定」締結へ 同じC57形同士で観光振興

JR西日本のC57形蒸気機関車1号機による「やまぐち号」と、台湾鉄路管理局のCT273列車が「姉妹列車協定」を締結します。

6月24日に台湾で協定締結式

 JR西日本と台湾鉄路管理局は2017年5月18日(木)、日台のSL列車で「姉妹列車協定」を締結すると発表しました。

 日本はC57形蒸気機関車1号機が牽引(けんいん)する快速「やまぐち号」、台湾はCT273が牽引する列車です。

台湾鉄路管理局の蒸気機関車CT273が牽引(けんいん)する列車(画像:JR西日本)。

 C57形1号機は1937(昭和12)年に川崎車輛(当時)が製造。1979(昭和54)年からは快速「やまぐち号」の牽引機として使用されています。

 CT273は1942(昭和17)年に同じく川崎車輛が製造(当初はC57形3号機)。台湾総督府鉄道(当時)に導入され、おもに西部幹線を走る特快車(特急列車)の牽引機として使用されました。1984(昭和59)年に引退し、その後遊園地で静態保存されていましたが、2014年6月9日の「鐵路節」(鉄道記念日)で復活しています。

「姉妹列車協定」の締結式は6月24日(土)、台湾東部の花蓮県にある玉里で開催される予定です。

 JR西日本と台湾鉄路管理局は「両列車は同じC57形で、これらのSLを起点に沿線の観光振興に取り組んでいます。今後は台湾と日本の交流を深め、より一層の友好関係および相互理解を深めてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント