痴漢、疑われたら「逃げるな」? 逃走中の事故多発、弁護士に聞く「逃げない」利点

「逃走する」はデメリットが大きい

 痴漢を疑われた場合の正しい対処法として諸説あるなか、「逃走する」という見解がありますが、これについて弁護士法人アディーレ法律事務所の吉岡一誠弁護士は「さまざまな意見はありますが、メリットよりもデメリットが大きく、オススメできません」と話します。

 吉岡さんによると、逃走のメリットとしては、現行犯逮捕後に勾留されて長期の欠勤を余儀なくされる、といったリスクの回避を期待できる点があります。しかし、通勤時間帯は逃走が困難であるほか、逃走中に他人を突き飛ばすなどして、ほかの犯罪で逮捕される可能性や、ホームなどから転落して死傷する恐れもあります。

「さらに、駅構内やホームの監視カメラ、IC乗車券の履歴などから特定され、後日逮捕されてしまう可能性も。その場合、『やましいことがあるから逃げた』と判断され、現場にとどまった場合よりも、裁判官の心証が悪くなる可能性があります」(吉岡さん)

 そこで吉岡さんが推奨するのは、あくまでも現場にとどまり、潔白を粘り強く主張すること。その際には、以下のような行動が有効です。

・自分に有利な証言をしてくれる目撃者が現場近くにいないか探してみる。
・被害を受けたと主張する女性に被害状況を具体的に語らせる(認識の食い違いを指摘し、証拠として会話を録音する)。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170519 crime 02
  • Thumbnail 170519 crime 01

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 逆に「弁護士を呼ばせて欲しい、この女性を名誉毀損で告発する」というのはダメなのか?

  2. 証拠もないのに現行犯逮捕はおかしい。
    名刺を渡して立ち去るなんか無理。

  3. 無実だった場合は女性を処罰してくれないかねえ
    現状では言ったもの勝ちだ

    • それが怖くて女性側が証拠もないのにムキになるのが現状ではないですかねー。

  4. 疑いを掛けられないように自衛するほかない。

    掛けられたら、冤罪だったとしても、元の自分は取り戻せない。。。。

    やってもいない方が、やってない(痴漢をできない)証明をしなければならないのがおかしい・・・・。

    間違った方にも、間違った時にはそれなりのペナルティがないと。。。。

  5. しかし毎度の事に男に追手をかけるのは素早いね、逆なら相手にしますかね?行く末は捕まえたいだけの警察と検察、弁護よりマスコミ優先の裁判があるだけだろうに?

  6. 失礼ながら殺人事件も被害者から調べたほうが近道なんじゃないですかね?洗脳捜査と裁判じゃ無理でしょうけどね、

  7. 要するに喧嘩して勝ったほうが負けたほうを裁く構図だろうに!何で男だけに疑わしきを罰してしまうのでしょうか?性犯罪防止策として男性を一括排除するような現場ならそりゃ逃げるだろうに!疚しいから逃げたとか?こんな度頭の考えこそが疑わしきを即罰する悪の元凶だろうによ