飛行機での耳の痛み、なぜ起こる? その乗務員はどう対処、予防しているのか

飛行機に乗っていると、耳が詰まった感じになったり、痛くなったりすることがあります。その症状はなぜ起こるのでしょうか。また、乗務員はそれにどう対処しているのでしょうか。

原因は鼻にあり?

 飛行機に乗っていると、耳が詰まった感じになったり、さらには痛みを感じたりすることがあります。なぜなのか、そのメカニズムや対処法をJAL(日本航空)に聞きました。

170518 earpain 01
耳が詰まったり、痛くなったりする症状は、おもに上昇、下降時に多いという。写真はイメージ(2016年3月、恵 知仁撮影)。

――飛行機に乗っているとき、どうして耳が痛くなることがあるのでしょうか?

 おもに上昇、下降時に起こります。これは、機内の気圧が変化したために、鼓膜の奥にある中耳の空気が膨張、収縮しようとするからです。

 中耳は耳管という細い管で鼻とつながっており、気圧が変化したときに耳管が鼻のほうで開くことにより、体外と中耳の圧が等しくなります。ところが、かぜやアレルギー性鼻炎で鼻の粘膜が腫れると耳管が開かなくなり、耳が詰まった感じになったり痛くなったりし、場合によっては中耳が炎症を起こしてしまうこともあります。

――予防する方法はありますか?

 飛行機に搭乗する前にかぜやアレルギー性鼻炎の治療を受けておきましょう。くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状がある場合は、市販の点鼻薬を搭乗前、下降前に使用してください。

――痛くなったら、どのようにしたらよいのでしょうか?

 つばを飲みこんだり、あくびをしたり、飴をなめてみてください。それでも効果がない場合は、バルサルバ法、いわゆる「耳抜き」をやってみてください。

 バルサルバ法のやり方は、まず鼻をかみ、息を軽く吸い込んでから鼻をつまみます。口を閉じて、吸い込んだ息を耳のほうへ送り込むようにし、最後につばを飲みこみます。耳のほうへ息を送り込む際は、強くやりすぎないよう注意してください。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170518 earpain 02
  • Thumbnail 170518 earpain 01

関連記事

最新記事

コメント