限定カレーに新幹線アイス、記念弁当も JR東日本大宮総合車両センターの「社食」一般開放

2017年5月27日、イベント「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」にあわせて、JR東日本大宮総合車両センターの社員食堂が一般開放されます。

5月27日「鉄道ふれあいフェア」にあわせて実施

 日本レストランエンタプライズ(NRE)が、2017年5月27日(土)に開催されるイベント「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」にあわせて、JR東日本大宮総合車両センター(さいたま市大宮区)にある社員食堂を一般開放。限定メニューや記念弁当、グッズを販売します。

170525 nresyasyoku 01
左上から時計回りに、「チキンカリー」「懐かしの食堂車のカレー」「お子様カレー」「お子様ナポリタン」(画像:NRE)。

 今年はJR発足30周年記念メニューとして、創業30周年を迎える東京・神保町のカレー店「エチオピア」が監修した「チキンカリー」(辛口)を提供。300食限定、寝台特急「北斗星」のピンバッジ付きで、価格は800円(税込。以下同じ)です。このほか、社員食堂では以下のメニューが用意されます。

・懐かしの食堂車のカレー(中辛):600円
 北海道男爵牛肉コロッケをトッピング。特急「日光」「きぬがわ」などとして走る253系電車のペーパークラフト付き。
・お子様ナポリタン:600円
 上野東京ラインなどを走るE233系電車のペーパークラフト付き。
・お子様カレー:600円
 日光線などを走る205系電車のペーパークラフト付き。
・醤油ラーメン:550円
・包み焼きピザ :各350円
 新登場。「トマト&ソーセージ」「アップル&カスタード」の2種類。

 営業時間は午前10時30分から15時まで(ラストオーダー14時30分)。ただしなくなり次第終了です。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170525 nresyasyoku 02
  • Thumbnail 170525 nresyasyoku 01

関連記事

最新記事

コメント