鶏天、トルコライスなど 九州のご当地グルメが機内食に登場 JALの中国・台湾線

2017年6月1日から、JALの機内食に「九州」のご当地グルメをアレンジしたメニューが登場。中国、香港、台湾線で提供されます。

九州各地の名物グルメを機内で

 JAL(日本航空)は2017年5月26日(金)、中国、香港、台湾線で、6月1日(木)から「九州」をテーマにした機内食を提供すると発表しました。

 JALは地域活性化への貢献を目的に、2015年12月から北海道をテーマにした機内食を提供。今回新たに、九州のご当地グルメをアレンジしたメニューを機内食に採用し、多くの地域の魅力発信につなげるといいます。

170529 jalkinaishoku 01
大分名物「鶏天」がメインになった機内食のイメージ。デザートはハーゲンダッツのアイスクリーム(画像:JAL)。

 新しい機内食は、成田、羽田、中部、関西発の中国、香港、台湾線のエコノミークラスおよびプレミアムエコノミークラスで提供されます。6月1日(木)からは大分の名物グルメ「鶏天」が提供され、その後も長崎の「トルコライス」、熊本の「鶏肉の柚子胡椒焼きと高菜飯」、宮崎の「チキン南蛮」、福岡の「かしわ飯」が予定されています。メインディッシュは15日ごとの変更です。なお、9月から2018年2月までの期間は、北海道のメニューとなります。

 JALは「今後もJALでしか体験できない美味しい機内食とともに、常に新しい“驚き”と“楽しさ”に出会える時間をお届けできるよう、チャレンジしてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170529 jalkinaishoku 02
  • Thumbnail 170529 jalkinaishoku 01

関連記事

最新記事

コメント