ハウステンボス、東京進出で集客増加ねらう VRテーマパーク、ウォーターパーク

ハウステンボスが2017年6月と7月に「SHIBUYA VR LAND」「お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」をオープン。VRテーマパークとウォーターパークの運営を通して、長崎のハウステンボスへの集客増加を狙います。

VRとプールで、長崎への集客を増やす

 エイチ・アイ・エスの子会社であるハウステンボス(長崎県佐世保市)が2017年6月7日(水)、6月24日(土)と7月15日(土)にオープンする、VR(仮想現実)テーマパーク「SHIBUYA VR LAND」と「お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」の説明会を都内で開催しました。

会見にのぞむハウステンボスの澤田秀雄社長(乗りものニュース編集部撮影)。

「SHIBUYA VR LAND」は日本最大のVRアトラクション数を誇るハウステンボスのコンテンツから、ホラーや疑似恋愛、ゲームといった人気の5種類をあつめたテーマパークです。そのなかでも、地球を飛び出す大ジャンプを体感できる「ウルトラ逆バンジー」が今回の目玉コンテンツとなっています。体験時間は60分で、利用料金は2200円。約30坪の広さに、24席が常時設置されています。なお、「SHIBUYA VR LAND」 はエイチ・アイ・エス渋谷本店に隣接。来場者がそこで、長崎にあるテーマパーク「ハウステンボス」への行商品を購入することを見込んでいます。

 同社の髙木 潔専務は、「SHIBUYA VR LAND」のオープンの理由について「VRの名前を聞いたことがある人は多いですが、実際に体験したことがある人は少ないため」とし、渋谷への出店について澤田秀雄社長は「コアターゲットとなる若い人たちが多く、マーケット的に良かった」と、その理由を話しました。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. せっかく立ち直ったんだから2頭追うなよ!

  2. もう一度だけ言う!止めときなさい!都市博止めても肥大したお台場辺りなんて昔は台車放置の13号地辺り!意地悪婆さんな言い様だが止めときなさい!