自動車専用船見学、タグボート乗船も 「海洋都市横浜うみ博」開催 日本郵船

日本郵船が2017年8月6日、横浜港で「海洋都市横浜うみ博」を開催。自動車専用船の見学会や、タグボートの体験乗船会が実施されます。

2016年は約1万2000人が来場

 日本郵は2017年6月7日(水)、横浜港「大さん橋ふ頭」(横浜市中区)で、「海洋都市横浜うみ博2017 ~見て、触れて、感じる海と日本PROJECT~」(うみ博)を8月6日(日)に開催すると発表しました。

「うみ博」は、海洋に関する企業や団体による「海洋都市横浜うみ協議会」が、海の魅力を伝えるために横浜港で開催するイベント。初回の2016年は、約1万2000人が来場したといいます。

会場となる横浜港の「大さん橋ふ頭」(画像:日本郵船)。

 今年の開催日当日は、6000台以上の自動車を積載できる自動車専用船の見学会を実施。操舵室や船内設備の見学に加え、貨物スペースでの積み付けのデモンストレーションが行われます。また、日本初のLNG(液化天然ガス)を燃料とするタグボート(大型船の離着岸を補助する小型船)に乗船し、横浜港内のショートクルーズを行う体験乗船会も行われます。

 自動車専用船の船内見学会は10時から17時までで、見学時間は約1時間。募集人数は約1000人です。タグボートの体験乗船会は10時30分、13時、14時30分の計3回実施。所要時間は約1時間15分で、募集人数は各回限定10人です。事前予約の受付は6月20日(火)から「うみ博」のウェブサイトで開始。なお、いずれも応募多数の場合は抽選が行われます。

 日本郵船は「普段触れる機会の少ない海運の世界を、夏休みにぜひご家族で体験してください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. また抽選か!車両運搬船くらい当たり外れ無しでいいんじゃない?横須賀の護衛艦なんて手荷物検査だけで見せてもらったような?

  2. 確か?新しいフェリーの一般公開も抽選だったような?先ずは荷主など常連に内覧会をしてから一般公開、これですら抽選と言いながら当たるように準関係者には配慮してるだろうね、後に営業処女後悔とかしてツアー募集!