東京湾一望のグランピング施設、三浦観音崎に誕生 ホテルシェフによる料理も(写真18枚)

神奈川県横須賀市に、高級ホテル並みのサービスを受けながらキャンプができる「グランピング」の施設「snow peak glamping 京急観音崎」がオープンしました。

料理は地元・三浦産の食材を使用

 京急電鉄とアウトドアメーカーのスノーピークは2017年6月9日(金)、「snow peak glamping 京急観音崎」(神奈川県横須賀市)を「観音崎京急ホテル」(同)運営のもと、オープンしました。

170609 keikyuglamping 01
2017年6月9日にオープンした「snow peak glamping 京急観音崎」(画像:京急電鉄)。

 2社によると「グランピング」は、「グラマラス(魅力的な)」と「キャンピング」を掛け合わせた造語であり、大自然のなかで高級ホテル並みの充実したサービスを受けることができるキャンプスタイルです。ヨーロッパで生まれ、近年、日本国内でも人気が高まっているといいます。

 京急グループは、都心から約1時間ほどの三浦半島エリアでリゾートホテルなど観光事業を展開。また、スノーピークは、2017年1月にスノーピークグランピングを設立し、グランピング事業を進めてきました。

東京湾を眺めながらホテルシェフによる食事を

 今回誕生した「snow peak glamping 京急観音崎」は、スノーピーク初の常設グランピング施設です。東京湾を臨むロケーションで屋外宿泊ができるほか、「観音崎京急ホテル」のシェフによる、「三浦かぼちゃ」や「長井産の鶏卵」など地元の食材を使用したグランピング料理を味わえます。

170609 keikyuglamping 02 170609 keikyuglamping 03 170609 keikyuglamping 04
宿泊の場となるモバイルハウスは、建築家の隈 研吾さんによる設計(画像:京急電鉄)。
夕食の食材イメージ。三浦産の野菜やホテル自家製ハムなどが使用されている(2017年6月9日、坂口 巧撮影)。
東京湾を望む「snow peak glamping 京急観音崎」(画像:京急電鉄)。

 京急電鉄の原田一之 取締役社長は開業式典の挨拶で、「三浦半島がグランピングのメッカとなるべく、『snow peak glamping 京急観音崎』がその第一歩となればよいと思っている」とコメント。スノーピークの山井 太 代表取締役社長は「これをきっかけに三浦半島が注目を浴びて、地方創生につながれば」と述べています。

 客室は3室。入浴は、隣接する温浴施設「SPASSO」を利用します。1人あたりの利用料金(基本プラン、1泊2食)は、日曜と平日が2万5000円~、土曜と休前日が2万9500円~です。予約は電話(046-841-2525)で受け付けています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(18枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 05
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 06
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 07
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 08
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 09
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 10
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 11
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 12
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 13
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 14
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 15
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 16
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 17
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 18
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 01
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 02
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 03
  • Thumbnail 170609 keikyuglamping 04

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 環境破壊。無駄な災害発生要因。

  2. そりゃ熊も里に出るわな、森の熊さんが里の熊さんじゃいかい!