「注意喚起シート」さらに5路線34駅へ設置 線路内転落、列車接触を防止 東京メトロ

東京メトロが、線路内転落や列車接触事故を防ぐため、5路線34駅のホームに「注意喚起シート」を設置します。

すでに4路線41駅に設置

 東京メトロは2017年6月12日(月)、「注意喚起シート(スレッドライン)」を5路線24駅に新たに設置すると発表しました。

170612 metrochuikanki 01
日比谷線の仲御徒町駅ホームに設置されている「注意喚起シート」(画像:東京メトロ)。

 視認性向上を図り、駅ホームからの線路内転落や列車接触事故を防ぐため、赤と白のしま模様をした「注意喚起シート」をホームの縁端部に貼り付けます。作業時期は7月上旬から12月末まで。対象駅は次のとおりです。

・銀座線
 新橋、虎ノ門、渋谷
・日比谷線
 三ノ輪(北千住方面)、入谷、上野、茅場町、霞ケ関(中目黒方面)、六本木、恵比寿(中目黒方面)
・東西線
 落合、神楽坂、飯田橋、大手町、日本橋、茅場町、東陽町、南砂町、西船橋
・千代田線
 綾瀬(2~4番線)、北千住、新御茶ノ水、大手町、霞ケ関、乃木坂、表参道、明治神宮前〈原宿〉
・半蔵門線
 永田町、半蔵門、大手町、三越前、清澄白河、錦糸町(押上方面)、押上〈スカイツリー前〉

 なおすでに、東京メトロでは4路線41駅で「注意喚起シート」の設置を完了させています。今回の設置が完了すると合計は5路線70駅になります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 過保護すぎるね。
    こんなことまでやってやらなきゃならんのか。
    メトロの努力は分かるが、ボケッとした旅客が増えるだけだよ。

    同じ旅客の立場ながら、並の注意力さえない奴が増殖して腹立たしい限りだ。
    ハンディキャップの方々の方がよっぽど注意力がある。

    • 全く同感だ、もっと言ってやってくれ。